• シンクロニカラウンジにて、自分のIDを得る方法について
  • フレンド検索で自分を検索することはできませんが、「スコアデータ」->「個人プレイ成績」を閲覧すると、URLの末尾に40文字の文字列が見えます。
  • これを https://lounge.synchronica.jp/Friend/info/ の後ろに付けることで、自分の情報を実際に見ることができます。よって、これを公開用IDとして良いのではないかと思われます。

  • なお、maimaiもフレンドコードを見られませんが、この方法で得ることもできません。なおフレンド申請は「ご近所リストの○番目に申請」という形式で実装されています。

http://yukicoder.me/problems/247

この問題はシミュレーションとなっていますが、シミュレーションは必要ではないです。

  • まず、各駒について、完成状態とのマンハッタン距離を取ります。1つでも2以上であれば、その配置は作ることができません。
  • 次に、その盤面が15パズルの盤面として正しいかを確認します。これは、(空マス以外の転倒数+空マスの上下動数)%2が偶数であれば正しいということが言えます。転倒数については
  • https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%A2%E5%80%92_(%E6%95%B0%E5%AD%A6)
  • を参照して下さい。

  • これらの2条件がそろうとき、問題の配置は正しいと言えます。

  • 今回は転倒数の計算はO(nlogn)ではなくO(n2)でよいので、2重ループを書けばよいです。さらに、入力を読み込む途中に適宜転倒数の計算を行うとループの記述が1個消えます。これをまとめると以下のようになります(暫定最短コードです)。

Code Festival 2015 参加記を書いたので、2014についても可能なかぎり復元する。 なお、rprocon 2013は日帰り懇親会のみのため復元しません。

1日目

  • 御茶ノ水の日高屋で朝食

本選

  • パーカーボーダーは6問。rprocon 2013と同じ。
  • rprocon 2013Fを方針は合っていたのにnCrの計算を間違えて落とした(結果としてパーカーfailed)ので、今年は雪辱を晴らしたい。
時間 言語 問題(A-J) コメント
35秒 Ruby A AC FAは取れなかったが、相手は自動生成かな?仕方ないね
0:02 Ruby B AC
0:12 Ruby C 106全探索。TLE
0:14 Ruby C 閾値を105に。AC
0:32 Ruby D 12TLE/WAのあと、N+1 2を出力すれば良いことが判明。AC
0:48 Ruby F lcm/gcdの処理はできたが、後処理が合わない。WA。焦る。
1:14 C++ E lis/ldsを組み合わせる。AC
1:56 C++ J 幅優先探索。TLE
3:00 F通せず。パーカーfailed。無残。

夕方

  • 食事(食べ放題)後、chokudai氏トークライブ、診断人氏パフォーマンス、LT、タイピング、DDR、太鼓、エキシビション
  • 食事、美味しかったです。
  • あさプロは50位と150位でわかれるそう。私はMiddleですね。

  • 起床フェーズがやばいことは明白だったので、宿泊希望。秋葉原ワシントンホテル。
  • 解説を元に、本選Fを通す。個別指導塾行かずに済んだ。

2日目

  • 7:30起床。AC。
  • 書道コーディング。scala/scalac hybridなHello Code Festival出力。

あさプロ

時間 言語 問題(C-H) コメント
0:08 C++ C 2方向ダイクストラ。WA
0:25 C++ D 区間スケジューリングよろしく後ろでソートして、貪欲っぽく。WA。焦る。
0:36 C++ C 2箇所からとも繋がっていない場合のチェックを加える。 AC
0:50 E 読むが、わからない
1:12 C++ D 二部最大マッチングに持ち込むもTLE
1:28 C++ D 2分探索して削除を繰り返す…mapだと複数の値持てないし…ええーいvectorガチャ!実行時間1.2秒! AC (LA)
1:30 23位。35以内、入賞

  • 食事後、colun氏トークライブ、渡部有隆氏トークセッション、AI Challenge観戦
  • 今半すき焼き弁当。美味しかったです。

まとめ

  • 食事、美味しかったです。
  • 2日目、時間重ねないで…
  • 太鼓の達人・DDRは来年は新筐体で。

お土産