前説

LAPLACE LINK。ブラウザでターン制じゃなくてリアルタイム協力バトル。ブラウザゲームとしてはグランブルーファンタジーが一強で、これを超えるゲームはなかなか出てこないだろうと思っていた矢先の発表だったので、cTouchの作者としてはすごく期待していました。

ゲームデザイン

で、実際にやってみたところ、まあガチャは仕方ないにせよ、まず装備品がキャラごとなのが割と辛い。あ、その、装備制限はいいんですが、個数制限があるんですね。普通のRPGだと仲間になるキャラなんて10人もいませんからそこまで考えなくてもいいんですが、こちらはたくさんいますからね…。育てたいキャラを変えるには前のキャラから装備品を剥がす必要があるのは面倒でした。グラブルは(得意武器を合わせれば加算攻撃力がブーストされますが)武器編成は編成ごとで、しかも武器のみという潔さ。実は武器が10個も装備できるってどういうことなんだろうと思ったことも昔はあるのですが、現実を求めすぎるとソーシャルゲームの実情に合わなくなるつまりゲームデザイン的な都合だったのでしょうね。デザイン、難しい。あとは肝心のマルチバトルの報酬がころころロール(Attacker/Defender/Healer)を切り替えたほうが多くもらえるってどうかしてそう。普通は集中すべき、みたいな。

先頭

戦闘はとりあえず重かったですね。携帯は愚かiPad Proですらさくさくな動作は望めませんでした。専らcTouch入れたSafariからやってました。運営はcTouchを推奨しているのか?と疑うほどだったと思います。

cTouchの不具合的な

ただ、cTouchの作者としては思い残すことが1個だけあって、何らかのボタンをおそうとすると2回押されてしまうことがありました。これはタッチイベントの発火順に起因していて詳細は未だに調査中なんですが、FastClickが入っていても同様となります。実際、FastClickが導入されているとうまく動かないゲームがあるので、このモジュールは消すようになっています。しかしながら同様の処理をFastClickなしで実装することも勿論できて、どうすべきかというのが課題として残りました。

終わりに

結局何が原因でサービス終了となったのかは謎のままですが、もうちょっと頑張ってほしかったですね。